1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. トラブル・エラー > WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策
カテゴリ:トラブル・エラー

WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策

WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策

WEBサイトにアクセスすると、サイトの情報が置かれているサーバーからHTML・CSS・jsファイルなど必要な情報を転送するようリクエストします。

サーバーはリクエストされたファイルと一緒にステータスコードという処理の内容を示すものも送りますが、このステータスコードにはエラーが起きた場合、どういったエラーだったのかも分かるようになっているのです。

今回は、そのステータスコードの中から「502」について詳しく説明します。また、WordPressで起こる502エラーの特徴や解説についても分かりやすく解説します。

502エラーの意味

502エラーは、以前紹介した502エラーに近いステータスコードで主にサーバー側に原因がある場合に表示されます。各サーバー会社によって表示される言葉多少異なります。

  • 502 Bad Gateway
  • 502 Proxy Error
  • 502 Service Temporarily Overloaded
  • HTTP 502
  • 502 server error

意味としては、サーバー間のエラー・メンテナンス中・サーバーダウンによるものです。これらのエラーは、冒頭でも説明したように見ている側・サイト管理者で対策することができず、ほとんどのケースでサーバー側の対応を待つしかありません。

また、WordPressの引っ越し依頼を受ける際にもたまに見かけることがあるのですが、そういった際の502エラーはDNSが浸透していない場合が多く、時間を置くことで解消されます。

その他、503との違いとしてプロキシ、ゲートウェイが要因となることがあります。

プロキシサーバー

プロキシとは代理という意味があり、リクエストに対しサーバーからの応答を仲介してくれる役割を果たしています。分かりやすく説明するとキャッシュの利用です。

プロキシサーバーに対して不正なリクエストが行われると表示されるのですが、特定のサイトが閲覧できず、サイト管理者の立場である場合はCGI・WEBアプリケーションの見直しを行いましょう

ゲートウェイ

ゲートウェイは、身近なもので分かりやすく説明するとルーターです。

手軽にネットに繋げるために利用することが多いですが、これが原因となって502エラーに繋がることがあります。再起動してみて改善されなければ設定を見直しましょう。

WordPressで起こる502エラー

WordPressで起こる502エラーは、テーマ・プラグイン・CDNによるアクセス過多、これらの要因が考えられます。

プラグイン

これは主に、人気の記事を表示するためのプラグインが原因です。

人気の記事を表示するために、1記事ずつアクセスをカウントしデータベースにそのデータを蓄積します。

カウント期間が設定でき、自動的にデータを削除できるプラグインであれば問題ないのですが、そうではなく手動またはデータベースに直接アクセスし、自分で削除する必要があるものは、放置するとデータは溜まる一方です

そのため、サーバーに負荷がかかり契約した制限を超えてしまうことがあります。こういったプラグンを利用する際は、自動で削除する機能がついているかどうかを確認しておきましょう

アクセス過多

急なアクセスの増加も502エラーの原因です。

レンタルサーバー各社では、月の転送量(リクエストに対してサーバー側から送られるファイルの量)に制限をかけています。

最近は各社スペックの向上であまり聞かなくなりましたが、短時間で急激なアクセスがあるとサーバーに負荷がかかり運営者側から一時的な制限をかけられることがあります

このような事態が起こった場合は、契約プランを上げ急なアクセス増に備えるか、共用から専用サーバーに切り替えるなどの対策を行いましょう。

共用・・・複数の人で1つのサーバーをシェア
専用・・・1契約に対して1サーバーを利用

テーマ

稀ではありますが、テーマも時に502エラーの原因になってしまうことがあります。特に、無料で提供されているものは安全が保障されていないことがあるので利用する際はテストを行うなど事前にしっかりと確認しておきましょう。

その他

非常に重いことがある、なかなか開かない。こういったサイトを見かけることがあるかと思います。

原因はサイトによってさまざまですが、読み込みに時間がかかってしまい、その間に表示されているリンクを何度もクリックされたりすることがあります。

こうなると、サーバーへ都度リクエストが送られしまいます。そして、結果的に制限を超え502エラーを引き起こしてしまうのです。

自分のサイトが「急に重くなった」、「表示が遅い」。そう感じたら一度見直すことをおすすめします。

DoS攻撃・DDoS攻撃で起こる502エラー

WordPressで起こる502エラー

WordPressで起こる、主な原因・要因はプラグインと急なアクセス増です。

上記で説明したようにプラグインを導入する際は事前にそのプラグインの信頼性と特性についてしっかり調べておきましょう。

その他、WordPressで起こる502エラーにxmlrpc.phpファイルを狙った攻撃によるものが挙げられます。

WordPressに関連するファイルにxmlrpc.phpというファイルがあるので、知らない方は確認していただきたいのですが、このファイルは、管理画面を通さずに以下の内容を外部から行うことができるようになっています。

  • 記事の投稿
  • 投稿の削除
  • 投稿の削除
  • ファイルのアップロード
  • コメント投稿
  • コメントの削除
  • コメントの編集

これらすべてxmlrpc.phpから行えるようになっているため攻撃を受けやすく502エラーの原因にもなってしまうのです。そのため、アクセスの少ないサイトでも必要ない(例えばjetpack等のプラグインを利用しない)場合は最低限のセキュリティ対策を行いましょう。

※Xサーバーなど一部のレンタルサーバーには管理画面から設定できるようになっています。Xサーバーの場合は「XML-RPC API アクセス制限」といのがそれに該当します。詳しくはこちら

解決方法

解決方法

502は自分で解決できるエラーでもあります。(共用サーバーで自分以外に原因がある場合は除く)

サイトが重たければ見直す。サーバーから助言があればその通りに対応する。プラグインが原因であれば停止するといった対応を行うことで回避できます。

また、ネット上にも解決方法のヒントが書かれてあるため参考にするのも解決の一つの手になります。※ただし、すべての内容があっているわけではなくサーバー会社が異なれば対応も変わることもあり必ず解決するとは限りません。

※内容的には503と非常に近いものがありますがゲートウェイやプロキシの点で若干異なります。503の原因に当てはまらない場合は、どちらかの原因が考えられます。

まとめ

WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策

いかがでしたか?

502エラーが、どういった原因・要因で引き起こされてるのか。そして起きてしまった場合どのように対処すればよいのか初心者の方にもなるべく分かりやすいよう説明してみました。

502エラーに限らず、WEBサイトを運営していると何かしらのエラーを目にすることがありますが、焦らず適切に対応することで大体の問題は解決することが出来ます。

もしそのような状況になったときは、以上で説明した内容を是非参考にしてみてください。

自分で解決できない!困った!そんなときは?

502エラーに限らず、WordPressでお困りの方、自分で解決することが難しいという方は。WordPressのプロ「WP代行レンジャー」にお任せください!エラーの原因究明から改善までフルサポート致します!

お問合せ・ご相談はこちらよりお願い致します。

WordPress(ワードプレス)トラブル改善・監視サービス

tag:

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策

WordPressで起こる500エラー!その原因と解決策

WordPressで起こる502エラー!その原因と解決策

WordPressで起こる503エラー!その原因と解決策

▲TOPにもどる