1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 引っ越し > 引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス
カテゴリ:引っ越し

引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス

引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス

ここ数年でWordPressを利用したブログ・サイトが増える中、WP代行レンジャーにも引っ越しのご依頼をいただくことが多くなりました。また、それに連れWEBサイト制作会社、サーバー会社、個人と引っ越し代行サービスは増加傾向にあります。

そこで今回は、WordPressの引っ越し代行について、専門業者・サーバー会社・個人に依頼する場合のメリット・デメリットに合わせ、仕組み・料金・サービス内容、自分で行う場合のメリット・デメリットについても解説します

サーバーの引っ越しを検討されている方は是非参考にしてください。

代行には3つのタイプがある

代行依頼をする場合、大きく分けると3つあります。

まず1つ目は専門業者、そしてサーバー会社と個人。大きく分けるとこの3つで、メリットデメリットがそれぞれにあります。

専門業者

専門業者

専門業者とは、WordPressやその他ブログ、HTMLサイトの引っ越しをサービスの一つとして請け負う業者のことです。当サイトWP代行レンジャーもこれに該当します

メリット

言うまでもなく安心感でしょう。

本業としてやっているため、知識と経験も豊富で失敗やトラブルなどのリスクが一番低く、安心して依頼することができますし、万が一何かあった場合にも最後までしっかりと対応してもらうことができます。

また、これは業者によって異なりますが、細かな対応や配慮においてもサーバー会社、個人よりも長けていると思います。ちなみにWP代行レンジャーでは、引っ越し後にマーケティングや運用方法に関して質問やご相談をいただくことが多いです

(工数のかからない無料対応できる範囲ではありますが、ご依頼いただいたお客様には出来る限りお応えさせていただいいます。)

デメリット

一番は金額ではないでしょうか。

会社として、そして本業として引っ越し業務を請け負っているためどうしても個人に依頼するよりも高くなります。そのため、依頼する際に費用を優先する場合はデメリットになってしまいます。

サーバー会社

サーバー会社

最近は、ミックスホストやGMO、カラフルボックスなどサーバー会社も引っ越しの受託をはじめるところも多くなりました。

メリット

メリットは専門業者と同じで失敗やトラブルのリスクが低いことです。また、価格も専門業者に依頼するよりも割安で安心してお願いすることができます。

デメリット

デメリットという言葉は少し違うかもしれませんが、サーバー会社に引っ越しを依頼できるのは、契約者のみです。例えば、ミックスホストにWordPressの引っ越しをお願いする場合、ミックスホストのサーバーを契約することが前提になるということです。

ですから、引っ越しを依頼したいのであれば、そのサーバー会社を契約する必要があります。

個人(クラウドソーシング)

個人(クラウドソーシング)

個人のメリットは価格です。

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングでも引っ越しサービスを提供している人が数多くいます。

メリット

安い人では5000円くらいで行ってくれる方もいます。この価格で行ってくれるのは、クラウドソーシングならではです

デメリット

デメリットは、価格が示すように法人ではないため信頼と補償、そして経験です

中にはプログラマを本業とし、副業でクラウドソーシングで引っ越しを請け負っている方もいますが、補償の面では法人やサーバー会社にはかないませんし、NDAを結んでいたとしても個人であるということは補償と信頼の面はリスクが大きいと言えます。

また、実際、WP代行レンジャーにご依頼いただくお客様の中には「個人の方に依頼してトラブルになった、連絡が取れなくなったのでどうにかしてほしい」という方も非常に多いです。

専門・サーバー・個人比較早見表

ざっくりと簡単に説明しましたが、文章だけでは分かりにくいという方のために比較表を作成しました。

比較表専門業者サーバー会社個人
知識・経験
リスク
補償
価格-
相場2万~5千~5千~

サーバー会社の補償は正直よくわかりません。各社異なる場合もあるため、依頼する場合はその会社の説明を事前によく確認したほうが良いでしょう。また、相場もおそらく大体5千円くらいからではないかと思います。

自分で行う場合のメリット、デメリット

サーバーの引っ越しを考えている人の中には自分でやってみたいという方も多いかと思います。そこで、個人で行う場合のメリットとデメリットについても説明します。

メリット

自分で引っ越し作業を行うにあたって大きなメリットは2つ。

一つ目は、費用をかけずに済むこと。自分の時間を使うだけなので0円で行うことができます。そして2つ目は、知識が身に着くこと

WP代行レンジャーを含め、専門業者・サーバー会社・個人、引っ越しに関わらる人すべてがはじめから知識を持っているのではなく、経験を積み重ねで引っ越し業を請け負っています。

最初からどこまで知識を持っているかにもよりますが、サーバーの引っ越しは経験を積むことで知識も身に付きます。時間に余裕がある方、トラブルが起きても自分にで解決できる方は自分で行うことも検討されて良いかと思います。

デメリット

自分で行うデメリットは時間とトラブル・失敗です。

上記の個人に依頼するところでも説明しましたが、自分で行うということは何かしらのトラブル・失敗が起きるリスクも高くなり、さらに何か問題が起きた後に依頼すると費用が余計にかかってしまうこともあります。

また、知識力にもよりますが時間がかかります。

そして、自分で行う際の一番の情報源はネット上の情報になると思います。

しかし、ネットにある情報の中には間違っているものがあったり、同じようにしているのに上手くいかないケースもたくさんあります。その見極めが出来ない方は、自分で行うことは避けたほうが良いでしょう。

自分で行う場合は、こういったリスクを伴うことを理解しておきましょう。

失敗、トラブル対策

失敗、トラブル対策

専門業者、サーバー会社、個人と引っ越し依頼をする際は事前にどういった契約内容になっているのか補償など事前に確認しておきましょう。面倒だからと疎かにしてしまうと後で後悔してしまうこともありえます。

特にランサーズ・クラウドワークス・ココナラなどのクラウドソーシングを利用する際は必須です。

依頼する前に確認しておくこと

  • 名前、企業名の所在
  • 引っ越し方法
  • 補償内容

名前、企業名の所在

クラウドソーシングのようなサービスでは難しいのですが、サイト運営に大きな影響を与える可能性のある引っ越し業務を任せるのであれば、所在等の記載がサービスサイトに載っているかどうかは重要です。

どういった、何という名前の会社名なのか、住所・代表者名・責任者の名前が記載されているかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

引っ越し方法

引っ越し方法はどのように行うのか。プラグインなのか手動で行うのか確認してください。プラグインは便利ではありますが、手動で行うよりも精度は低く正常に行えてないケースもあります。(WP代行レンジャーでは手動で行っています。

事前にしっかりと方法について確認し、記録として残しておくことをおすすめします。

補償内容

一番重要なのが補償内容です。

何事も絶対という言葉はありません。php、mysql、プラグイン・WordPressのバーションを全く同じに設定してもサーバーが変わると、思わぬエラーやトラブルが起きてしまうことがあります。

そういった場合に備え、何かあった際にどういった補償をしてくれるのか、契約前に必ず確認しておきましょう。

特に、クラウドソーシングで引っ越しを依頼するのであれば、最低でも補償(トラブル時の対応、完了は何を指すのかなど)が担保できるような契約を結んでおくべきです。

引っ越しの勘違い

最後に、実際に依頼されるお客様の中に多い”サーバーの引っ越しに関する勘違い”についてご紹介します。

表示速度の高速化

ご依頼をいただく際の理由として一番多いのが「サーバーを変えれば早くなる」というものです。

確かにサーバーを引っ越すことで早くなるケースもあります。しかし、すべてのサイトが早くなるということではありません。また、早くなると言っても大半が差ほど目に見えて早くなることはありません。

そもそも、近年はどこのサーバー会社もスペック的に十分コスパ高いものを提供しています。以前紹介したmixhost・Xサーバー・ロリポの比較でも説明していますが、目に見えて大きな差が生じるということはあまりないのが実情です。

サイトを高速化するには、サイト内部を修正する必要があり、遅延の原因となっている箇所を最適化することが重要です。サーバーを変えても期待するような効果はほとんどないと認識しておきましょう。

まとめ

引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス

いかがでしたか?

サーバーの引っ越しを代行する企業や個人が増えていますが、それぞれメリット・デメリットを事前にしっかりと把握しておくことは非常に大切です。

また、自分で行うにもメリット・デメリットがあることを事前にきちんと把握しておくことで失敗・トラブルのリスク回避にも繋がります。

サーバーの引っ越しは事前にしっかりとリサーチし、どのようにすべきか自分なりのベストプラクティスを選択しましょう。

引っ越しに関して、何かお困りのこと・分からないことなどありましたらお気軽にご相談ください。WP代行レンジャーはサーバーの引っ越し専門業者として責任をもって迅速・丁寧に対応致します!(ご依頼・ご相談はこちらをクリック!

WordPress(ワードプレス)引っ越し・移設

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス

ココナラ、ランサーズ、クラウドワークスでトラブルが多い理由

引っ越し依頼は業者?サーバー会社?個人?失敗しないためのベストプラクティス

初めてでもわかるサーバーの選び方

▲TOPにもどる