1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. トラブル・エラー > Xサーバー⇒Mixhost 引っ越しで起きた日本語ファイル問題
カテゴリ:トラブル・エラー

Xサーバー⇒Mixhost 引っ越しで起きた日本語ファイル問題

Xサーバー⇒Mixhost 引っ越しで起きた日本語ファイル問題

これまで数多くのサイトの引っ越し・移設をご依頼いただいてきました。その中で、意外と多いのがファイルやドメイン(URL)に日本語を使用しているサイトのご依頼です。

日本語ドメインが一時期SEOで好影響があるという都市伝説からURLに日本語を利用するケースは過去にありましたが、それに合わせて画像などのファイルに日本語を使用していることも多いです。

日本語ドメインは視覚的な面で言えば、時に見やすく覚えやすいと言ったメリットがありますが、画像ファイルに日本語を利用する場合は注意が必要です。今回は日本語を使用するにあたって起こる問題についてご説明します。

起きた障害と対応

起きた障害と対応

今回起きた障害。

  • メディアファイルの表示エラー
  • サイト上での画像表示エラー

日本語ファイルで起きる主なエラーは画像に関係するものです。今回起きた障害もまさにこのエラーで、サイト上と管理画面、メディア一覧で日本語ファイル名に設定しているものが全て表示されていませんでした。

まず、これらのエラーはファイルを移動する際に文字エンコードをUTF-8にしていないことが原因としてよくあるケースです。そのため、ファイルをアップする前の文字エンコードをUTF-8で固定。

これで画像のアップロードは何ら問題なく完了しました。しかし、これでも改善は見られませんでした。

その他、プラグインの見直しやその他対応も行いましたが、サイト上の表示と管理画面のメディア一覧での表示はエラーのまま。何も改善されないままでした。(最終的にどのように解決したかは後ほど。)

※WP代行レンジャーでは、サーバー環境の違い、WPバージョンとの互換性の点から不具合が出てしまうことがあるため、サーバーの引っ越し・移設にプラグインなどのツールは利用しません。

障害の原因、なぜ文字化けが起こるのか

障害の原因、なぜ文字化けが起こるのか

WordPressに限らず、日本語がネット上で文字化けを起こす要因は文字コードにあります。

文字コードとは、コンピューター上では数値でしか扱えない数字・文字を正しく見れるようにしてくれる仕組みのことで世界的にUTF-8というコードがが最も使用されています。

そしてWordPressの文字コードもUTF-8が使用されているのですが、ファイル操作時にUTF-8以外のコードで修正を行ったり、追記を行ったりした後にUTF-8以外のコードで保存することによって文字化けなどのエラーが起こりやすくなります。

解決方法

解決方法<

今回起きた文字化けのハッキリとした原因は最終的に解明できませんでしたが、様々な解決方法を試し検証を行った結果、データベース内のすべての文字化けを修正することで問題は解消されました

メディアファイル一覧も正常に表示され、投稿内の文字化けも解消。さらにサイト上で表示されていなかった画像も問題なくすべて表示されるようになりました。

日本語ファイル 文字化け」と検索するとネット上にあらゆる解決方法が出てきますが、今回の文字化け・表示エラーに関しては、どんな情報でも解決できないケースでした。しかし、WP代行レンジャーは独自の方法で無事解決することができました。

文字化けさせないための対策

文字化けさせないための対策
  • パーマリンク、ファイル等に日本語を利用しない
  • WP Multibyte Patchの導入
  • 扱うファイルはUTF-8で保存

パーマリンク、ファイル等に日本語を利用しない

ドメインで日本語を取得していると、その延長でURL(パーマリンク)や画像ファイルまで日本語にしがちですが、そもそもWEBでの環境作りは日本語ベースではないため出来るだけ使用は避けたほうが良いでしょう。

それでも使用したい場合は、下記で説明するプラグインを導入しておくなど事前に最低限の環境作りをしておくべきです。

WP Multibyte Patchの導入

最近は、簡単インストールで初めから導入されていることが多い「WP Multibyte Patch」。

WordPress上で日本語を利用してもバグやエラーが生じないよう防いでくれるプラグインです。日本語ドメインで運用しない場合でもインストールしておくことをおすすめします。

ファイルはUTF-8で保存

テーマやその他プログラムファイルを修正する場合、仕様するソフトウェアによっては保存時に文字エンコードが変わってしまうことがあります。

WordPressは先ほども説明したように文字コードはUTF-8です。ファイル等を修正する場合は、エラーの原因にならないよう必ずUTF-8で保存するようにしましょう

まとめ

Xサーバー⇒Mixhost 引っ越しで起きた日本語ファイル問題のまとめ

いかがでしたか?

日本語ファイル・ドメインは日本人にとっては非常に見やすいのですが、エラー・バグの原因になってしまうことが多々あることがお分かりいただけたと思います。

最近はネットで解決方法を見つけやすくはなりましたが、まだまだそれでも載っていない障害等はたくさんあります。

自分で解決できる方であれば問題なく運営することができますが、自分で解決することが難しい場合はなるべく日本語は使用しないようにしましょう。

日本語ファイルやURLのバグ、エラー等でお困りの方はWP代行レンジャーに是非ご相談ください。

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

▲TOPにもどる