1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 高速化 > WordPress専用のwpX Speedは本当に高速?Xserverと比較してみた!
カテゴリ:高速化

WordPress専用のwpX Speedは本当に高速?Xserverと比較してみた!

WordPress専用のwpX Speedは本当に高速?Xserverと比較してみた!

WordPressの表示速度国内No.1
堂々とした宣言でスタートしたXサーバーの新サービス、wpX speed。

WordPress専用に最適化した超高速クラウド型レンタルサーバーで2019年9月24日にリリースされました。おそらく近年のWordPress需要を意識した新サービスでしょう。

また、最近は企業に限らず個人でもkusanagiの利用者も増えていることもあり高速化需要の観点も関係していると思われます。

そんな高速化需要が高まる近年、そして高速化を謳っているサーバーが多い中、国内No.1と宣言するXサーバーの新サービスは一体どこまで高速なのか。今回は、wpX Speedの性能と実際にXサーバーと比較した結果をレポートします。

wpX Speedの機能・スペック

プランは、W1~W7と7種のプランがあり、最も安いW1は最大月額1200円。反対に最も高いW7プランは最大月額80000円となっています。

基本、レンタルサーバーは月額で契約するのに対し、wpX Speedは使用状況に応じて金額が決まります。各プランごと機能・スペック・上限額は以下の通り。

プランW1W2W3W4W5W6W7
料金(円)2/時4/時8/時16/時42/時70/時112/時
上限(円税抜き)1,2002,4004,80010,00030,00050,00080,000
MySQL容量1GB2GB3GB4GB5GB6GB10GB
転送量目安2.5TB3.0TB3.5TB4.0TB4.5TB5.0TB5.5TB
メモリ2GB4GB8GB12GB24GB38GB56GB

料金の仕組み

料金の仕組み

利用料金を見てみると、普段あまり見ない「/時」という値があります。これは1時間あたりにかかる費用です。例えば、9月30日の午前7時に契約した場合、同日30日(9月末)までの利用時間は18時間。

18時間✕2円=36円

9月の請求額は36円になるという計算です。

そして、そのすぐ下に記載されている「/月」というのが上限額になり、W1プランを契約すると1200円が総請求額になるということです。

ここで1点気になったのですが、1時間あたり2円で計算すると1日の料金は48円。

48円を30日で計算すると1ヵ月あたりの料金は1440円ということになり、W1プランの上限1200円をオーバーしてしまいます。となると、オーバーした分はどうなるのか…。

この件に関して、wpxのカスタマーサポートに問い合わせたところ以下の回答をいただきました。

wpX カスタマーサポート
「最大1,200円(税抜)/月」というのは、月当たりの使用料が1200円以上発生することはないということであり、25日以上の期間を使用されたとしても、使用料は1200円となります。

つまり、1日48円計算で1200円を超えても、それ以上の請求をされることはないということです。これ結構気になっていた人も多いのではないでしょうか。

データベースの容量に問題がない範囲、少数サイトを管理するレベルであれば、W1プランで十分だと思います。

Xサーバーとの違い

月額が同じくらいの「W1」と「X10」のプランで比較してみました。

プランW1X10
月額1,200円1,000円
ソフトウェアSSDSSD
NVMe
ディスクスペース200GB200GB
MySQL無制限50個
MySQL容量1GB1GB

独自ドメイン、マルチドメイン数など多くの機能は同じでした。以下、一部異なる点をピックアップしました

  • ソフトフェア・・・
    SSDは同じですが、wpX Speedにはインターフェースと呼ばれるSSDの処理性能を向上させるNVMeが採用されています。
  • MySQL・・・
    wpX Speedが無制限なのに対し、XサーバーのX10プランは上限50個と制限があります。
  • MySQL容量・・・
    どちらも一つのデーターベース、一つのWordPressに対し容量が1GBとなっていますが、必ずこの範囲内でしか利用できないということでもないようです。

月額の料金と処理能力の部分に大きな違いがあるだけで、その他は同等のプランであれば差は特にありません。

スペック比較

XサーバーとwpX Speedの大きな違いは「WordPressに特化している」という点です。ここだけで比較した場合、価格は数百円高くなってしまいますが圧倒的にwpX Speedが優れていると言えます

その理由の一つとして、wpX SpeedはXサーバー(プランX10)と異なり、共用サーバーではないため、他利用ユーザーの状況によってアクセスがし辛くなる、最悪の場合サイトへアクセスできなくなるということがないこと。(公式の説明を抜粋)

共用サーバーとの比較

分かりやすく画像で説明すると以上のようになります。

また、これまでのWPXクラウドとは異なり、キャッシュなしで10倍以上の高速化を実現。負荷にも十分耐えられるように設計されています。

キャッシュを利用せずにこれだけの差を出せるのはかなり優秀ですね。

個人的に更新頻度が高いブログやサイトの場合キャッシュに依存すると弊害も出てくるので、ほぼ使うことがありませんが、プラグインなどを利用せずともこれだけ高速化できるのはかなり助かります。

以上の点から、WordPress利用でXサーバーとのスペックを比較した場合、断然wpX Speedが優秀と言えます

表示速度の比較

Xサーバーとどれくらいの差があるのか同じサイトでTTFB(タイムトゥファーストバイト)を計測してみました。

TTFB
サーバーに対してリクエストを行った際に初めて(最初に)返ってきた1バイトの速度のことです。要は返事が返ってくるまでにかかった時間です。
TTFBwpX SpeedXserver
1回目120ms240ms
2回目160ms150ms
3回目130ms260ms
平均137ms216ms

TTFBだけで比較するとこういう結果が出ました。

平均で約100msも違います。体感的には”気持ち早くなったかな”というくらいですが、確実にXサーバーよりも早くなっていることは実感できました。

メリット、デメリット

wpX Speedのメリットはこれまで紹介した通り。

表示速度に優れた低価格、高パフォーマンスのサーバーです。

デメリットに関しては現状特にありません。価格もXサーバーの10プランと200円違うだけで、その差は性能から見ても十分価値があります。

wpX Speedは、こんな人におすすめ

wpX Speedは、こんな人におすすめ

wpX Speedがリリースされた理由から分かる通り、WordPress運用に最適なレンタルサーバーです。

知識がない方でも簡単に設置、高速化ができるのでブログ・サイトをWordPressで始めたいという方だけではなく、サーバーを引っ越したいという方にとってもwpX Speedはかなりおすすめです。

また、ダウンタイムなしで移設ができるため、これから契約する方、引っ越し・移設を検討されている方は是非検討してみください。

まとめ

WordPress専用のwpX Speedは本当に高速?Xserverと比較してみた!

いかがでしたか?

2019年9月24日にリリースされたXサーバーの新サービス「wpX Speed」。スペックや実際の速度について解説してみました。

実際に契約して数日使ってみた感想としては、WordPress立ち上げ、引っ越し先のサーバーとして十分お客様におすすめできるサーバー会社ということ。

スペック、機能、価格と申し分ありません。まだまだリリースされたばかりで見えてないところもありますが、WordPress運用をメインで契約するにはおすすめのサーバーです!

引っ越し、移設等で契約を検討されている方は是非WP代行レンジャーにご相談ください!

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

WordPress専用のwpX Speedは本当に高速?Xserverと比較してみた!

ロリポの「ハイスピードプラン」は本当に高速?Xserver・mixhostと徹底比較!

▲TOPにもどる