1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. トラブル・エラー > mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策について
カテゴリ:トラブル・エラー

mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策について

mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策について

9月12日から発生している、レンタルサーバーmixhostのDDoS攻撃・ハードウェアのストレージ故障によるアクセス障害。

かなり広範囲に影響を与えた今回の障害がどれくらいの被害だったのか、利用者の口コミと現状の評判について調べてみました。

今後、レンタルサーバーでWordPressを運用するにあたって、過去にも起きた大手サーバー会社による障害の損失をどのようにして回避するべきか、対策についてもご紹介します。

どういった障害だったのか

どういった障害だったのか
  • 9月05日19時40分アクセス障害 ~ 同日22時30分復旧
  • 9月11日08時10分アクセス障害 ~ 13日20時05分復旧
  • 9月12日16時10分アクセス障害 ~ 同日16時42分復旧

jp46.mixhost.jp、jp38.mixhost.jp、jp58.mixhost.jpサーバーで起きた障害は9月だけでも3回。復旧までに一番時間かかったのが9月11日に発生した障害で2日間。

原因は以下の通り。

  • 外部からの攻撃(DDoS攻撃)
  • サーバ内サイトのアクセス急増
  • その他物理的な原因

海外からの大量アクセスによる攻撃、それに伴うサーバーへの高負荷、その他物理的な原因とされています。

mixhostは、それ以前にも何度か障害はありましたが、こういった障害というのはどのサーバー会社でも日常的に起きていることではあります。しかし、2日はさすがに時間がかかり過ぎで、SNS上でも多くの批判が見受けられました。

Twitter上の声

Twitter上の声

これは一部で、実際に見ていただくと分かりますが、「サイドバーだけ表示されない」と言った声もあり復旧しても完全に復旧まではいたっていないケースもあるようです。

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=mixhost&ei=UTF-8

また、どれだけアクセスに影響があったのか、画像付きでツイートされている方もいらっしゃいました。

問題はmixhostだけじゃない、その他大手でもあった大規模障害

Twitter上の声

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、実はこういった障害はmixhostだけではありません。過去にロリポップやソフトバンクグループのファストサーバーも障害が原因で大きな影響をもたらしました

ロリポップ WordPress大量ハッキング事件

2013年、ロリポップ会員のMySQLサーバがクラックされWordPressを乗っ取られてしまう被害が多発。ロリポップは発生当初、否定していましたが、その後、障害を認めロリポップを運営するGMO代表である熊谷氏が謝罪。

クラックを発見、ツイートしたユーザーに対して、否定したことで、さらに批評されることに。これをきっかけにロリポへの評価を落としてしまいました。

発生から熊谷氏の謝罪まで一連の流れはこちら

ファストサーバー問題

2012年、ファストサーバーは利用していた一部のユーザーのデータをバックアップを含め消失。その後、一部の利用者においては復旧ができたようですが、それでも完全に復旧させることはできませんでした。

原因については、明確な回答はせず、管理プログラムのバグとしています。被害を受けた一人が障害の影響について「コーポレートサイト2サイトが初期化され、売上にかなりの影響を与えた」と、その影響の大きさについて答えています。

mixhostからのは発表と今後の対応について

mixhostからのは発表と今後の対応について

今回起きた2日に渡る障害について、mixhostは2019年9月15日現在、すべての原因解明についてはまだ時間がかかるとしています。(公式サイトの説明

影響については、利用者の1~2%程度と、被害が大きなものではなかったかのような回答をしていますが、例え1~2%であってもTwitter上での利用者の声を見る限りでは規模の大きさがうかがえます。

また、mixhostは、

よくいわれる「サーバの障害」というレベルの障害は、mixhostで現状ほぼ0%に近い結果となっておりますので、こちらについては引き続きしっかりと管理致します。

と公式で発表しています。(一部抜粋)

この発表を公式で見た際に分かったことですが、mixhostの代表者は元アフィリエイターで、mixhostというサービスはアフィリエイター・ブロガーに満足のいくサーバーを提供していくことを目的に運営をはじめたそうです。

サーバーダウンはどうすれば回避できるのか

サーバーダウンはどうすれば回避できるのか

規模に関係なく、このような障害はサーバーを借りる上で必ず起きます。

その障害の影響を最小限にするためには、サーバー会社に頼り過ぎてしまうのはリスクがあり、最善とは言えません。

アクセスもなく、収益目的に運営していないサイトやブログであれば大きな影響はないかと思いますが、そうではない、収益性のあるサイト運営する場合は自分でどう回避すれば良いのか実際に作業はできなくとも知っておくことが大切です。

また、今回の障害に巻き込まれてしまった方が、mixhostで同じ被害に合わないためにはどうすれば良いのかについても説明します。

定期的なバックアップ

WordPressを使用している場合、プラグインでも可能です。

ただし、バックアッププラグインはかなり容量も大きくなってしまうため、更新頻度があまり高くなければサーバー会社の操作パネルやFTPを使って自分で取るようにしましょう。

ファイルであれば、wp-content内のフォルダ・ファイルをすべて。データベースも契約しているサーバー会社の操作パネルやphpmyadminから圧縮した状態で自分のパソコンに落とすことができます。

オンラインストレージ

ファイルなどのデータをインターネット上に保存しておくことができるサービスです。

Xserverなど大手サーバー会社が提供しています。少し難しいため今回、方法については割愛しますが、どこからでもバックアップを取得することができます。

サーバの引っ越し、移設

はじめに説明したように、どこのサーバーでも小規模の障害は起きていますが、mixhostのように頻発する障害に何度も巻き込まれたくない、できるだけリスクを避けたいということであればサーバーを引っ越すのも方法の一つです。

そして、同じ価格帯で同じスペックが良いということであれば、エックスサーバーがおすすめです

過去に投稿した、「ロリポのハイスピードプランは本当に高速?Xserver・mixhostと徹底比較!」の記事でも説明していますが、エックスサーバーはスペック・サポート・障害に対する対応に関しては現状では一番コスパの面で優秀です。

当然、障害が起きることはありますが、mixhostに比べると信頼性の面では十分勝っているレンタルサーバーです。引っ越しを検討するのであれば、コスト面を考えて第一候補として検討されて良いかと思います。

このように、意外と簡単に自分で出来る方法もあります。

バックアップファイルさえ保存しておけば、ドメインのネームサーバーを変更するだけで1時間以内に復旧することもできます。(サーバー、ドメイン管理が同一、さらに操作パネルにログインできない場合は不可)

収益性の高いサイトやブログを運営している方は覚えておくことをおすすめします。

まとめ

mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策についてのまとめ

いかがでしたか?

mixhostによるサーバー障害は、どの会社でも起こり得ることがお分かりいただけたと思います。

それでも、もし心配だという方はXserverといった評価されているサーバーに引っ越すこともありですが、まずはバックアップをしっかり自分でも取っておくことを覚えておきましょう。

また、できるだけ障害のリスクを避けたいのであれば、はじめから金額・スペックだけで選ばずに過去の障害や対応についても事前に調べてから契約することをおすすめします。

サーバーの引っ越し、移設をご検討の方

mixhostから、他のサーバーへ引っ越しを検討されている方は是非WP代行レンジャーにご相談ください!

ダウンタイム(引っ越しによるアクセス不可の時間)なしで引っ越しが可能です。

また、引っ越し前のバックアップの取得からメールアカウントの設定まで無料にて対応致します。お気軽にご相談ください

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策について

初めてでもわかるサーバーの選び方

mixhostって大丈夫?障害・口コミ評判と対策について

サイト低速化の原因はCDNだった!利用する際の注意点と対処法

▲TOPにもどる