1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 高速化 > THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!高速化代行サービス
カテゴリ:高速化

THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!高速化代行サービス

THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!高速化代行サービス

SEOに特化した人気有料テーマの一つ、THE THOR(ザ・トール)高速化のご依頼をいただきました。

TOPページ、記事ページどちらもご依頼当時のスコアは30程度でしたが、WP代行レンジャーにご依頼いただいてからどちらも90以上と大幅に改善することができました。

現状ではまだコアウェブバイタルに対応しきれていないTHE THOR(ザ・トール)の高速化について費用と改善方法についてご紹介します。

ご依頼内容詳細

「高速化を検討しています。WPに関してそこまで広い知識がなく、PageSpeed Insightsのモバイルスコアも著しく低いのですが改善可能でしょうか。」

以上のご相談をいただきました。

以前に比べ、高速化に関連するプラグインの情報も多く出回るようになり、ご自身で解決される方も増えています。

しかし、知識がないままプラグインを多用したり、自分でテーマを操作することでエラーやバグの原因になったりとトラブルのリスクも高くなります。

今回ご依頼いただいたお客様もそういったリスクを懸念されてのご依頼ではないかと思います。

事前調査と準備

事前調査と準備
  • 1.バックアップ
  • 2.現状確認とスコア計測
  • 3.サイト事前確認

1.バックアップ

正式なご依頼をいただいた後、はじめにバックアップを取得します。

テーマファイルをはじめ、WordPressに関するすべてのファイルのバックアップを取得することで、何かしらのトラブルが起きた場合でも即座に対応することができます。

また、月間のアクセスが数十万、数百万を超えるサイトの高速化のご依頼をいただいた場合は、テスト環境を用意してから行います。

以前の記事でも説明しましたが、他社(他者)へ高速化を依頼される場合、バックアップを取得しているかどうかの確認を必ず行うようにしてください。個人に依頼された方の多くがバックアップを取得していなかったことで正常にサイトが機能しなくなったというお声をいただきます。

2.現状確認とスコア計測

高速化前のスコア計測を行います。

TOP、記事ページ1つを選定しPage Speed Insightsで計測。ご契約時のスコアを確定するため、WP代行レンジャーではPSIで計測した際のページをお送りし確認していただいてから作業開始となっています。

また、作業前にサイトの状況(デザインの崩れなどがないか)も一緒に確認し、事前に発見した場合は、可能な限り改善いただいてから行います。

【補足】
よく勘違いされがちですが、スペックの高いサーバーを使用しているからといって表示速度が明らかに早くなるということはありません。

3.サイト事前確認

高速化前の低スコアの原因・要因はどういったところにあるのか、サイトデザインはどのように構築されているのか改善前に細かく調査します。

改善すべき箇所を特定することで、サイトごとにどのような対策が必要であるのかある程度事前に把握しておくことでスムーズに作業を進めることができます。

また、高速化前ですでにサイトに異常な点がないか、デザインのずれが無いか、ご依頼主様とすり合わせをしておくことで契約上のトラブルを避けることにも繋がります。

WP代行レンジャーでは、事前の確認までしっかりと行います。

高速化作業(コアウェブバイタル対策)開始

高速化作業(コアウェブバイタル対策)開始

事前調査を終えたら高速化の作業に入ります。今回のサイトでは以下のような対策を行いました。

  • 1.テーマ内ファイルの改修と見直し
  • 2.画像ファイルの改修
  • 3.CDNを含む遅延対策
  • 4.プラグインの精査
  • 5.独自プラグインの追加

1.テーマ内ファイルの改修と見直し

テーマ内に直接記述されているコードや独自プログラムの改修を行います。

有料テーマの多くは、高速化よりもデザイン性を重視しているためサーバーへのデータ転送量過多になりがちです。また、IEブラウザまで対応したコーディング(構築)を行っているのでどうしてもファイル容量も多くなる傾向があります。

依頼者様に確認しながら不要な箇所を削っていきます。

2.画像ファイルの改修

ファイル容量の軽量化は高速化においてマストですが、画像サイズを気にしないままアップロードされていたため改善を行いました。

また、画像は読み込みはpngやjpgよりもwebpを推奨されています。そのため投稿時に自動的にwebpに変換されるよう設定しました。

3.CDNを含む遅延対策

CDNは非常に便利な仕組みですが、ファイル容量が大きいとそれだけ読み込みに時間がかかり、スコア低下を招きます。

上記同様にそもそも使用していないこともあるため、確認しながら削除対象を選定し対応します。また、バージョンにも注意を払います。

対応する必要のないブラウザも考慮したバージョンのファイルを使用している場合は修正を加えていきます。

4.プラグインの精査

導入されているプラグインの確認と必要性を見極めます。

ほとんど機能していない、使用していないプラグインは遅延の原因となるだけでなく、セキュリティ面においてもリスクとなります。

導入しているプラグイン一つひとつを細かく精査することで、どのプラグインを改善すべきかを特定することが出来ます。

5.独自プラグインの追加

必要に応じて独自プラグインを追加します。

WordPressは導入した時点から不要なファイルがいくつか存在します。また、運用方法によっては必要なファイルもありますが、圧縮するなどファイルを軽量化することで高速化に繋がります。

サイトの状況を見て、不要な処理・ファイルを独自プラグインによって操作します。

どのくらい改善されたのか

THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!
  • TOP:96
  • 記事:91

TOPページ、記事ページ、どちらも30ほどでしたが90以上を達成することができました。

WEBサイトは、見た目の点からデザイン性を重要視されがちですが、収益のあるサイトの場合、それによってサイトの表示速度に影響を与えてしまい取りこぼしを招いては何のために運営しているのかが分からなくなります。

広告、画像等も多かったのですが、高速化のための提案に対して依頼者様の迅速・柔軟な対応の結果、このような結果に繋がりました。

作業日数・費用

作業日数・費用

開始から納品までの日数は2日でした。

  • スコア:40以上の改善
  • 費用:60,000円(税抜)

普段、ランサーズ・クラウドワークス・ココナラを利用される方にとっては、高いと思われてしまうこともあるかもしれません。

しかし、責任の所在を明確にしていること、サイトに一切影響を与えない技術を用いて作業を行っているため、WP代行レンジャーとしましては適正な費用として事前にご承諾いただき作業を行っております。

また、依頼者様には、十分事前に説明を行った上でご依頼をいただいていおります。

まとめ

THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!高速化代行サービスまとめ

いかがでしたか?

THE THOR(ザ・トール)は、SEOに特化したテーマで表示速度も国内高水準とされていますが、公式サイトのスコアも60ほどでコアウェブバイタルにまだ対応しきれてない状況です。

今後、PSIにも対応する可能性がありますが、現状でスコアが気になるという方は是非WP代行レンジャーに一度ご相談ください。

WP代行レンジャーは、THE THORなど有料テーマに限らず独自テーマを使ったWordPressサイトの高速化も可能!コアウェブバイタル対策はWPレンジャーにお任せください。

WordPressの引っ越し・移設 / 高速化 / 改修・改善のご相談はコチラをクリック

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

THE THOR(ザ・トール)スコア90以上達成!高速化代行サービス

80アップ!テーマ「THE THOR」の高速化実績レポート

▲TOPにもどる