1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 引っ越し > ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポート
カテゴリ:引っ越し

ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポート

ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポート

ConohaサーバーからXサーバーへ、ダウンタイム無しの引っ越しご依頼をいただきました!アフィエイトサイトの引っ越しはどういった点に気を付けるべきか、注意点と作業の流れについてレポートします。

ご相談内容

サイト売買後、ダウンタイムなしで対応してもらえる会社を探されていたということで、当サイトにご依頼いただきました。今回は、レンタルサーバーの中でも人気のConohaとXserver間の引っ越しです。

※ダウンタイムとは、ネームサーバー変更の際に生じるアクセスできなくなる状態です。

引っ越し前の注意点

引っ越し前の注意点

WordPressの引っ越しを検索すると、たくさん情報が出てきます。

そのため、誰でも出来そうで簡単に見えますが、車と同じでそれぞれレンタルサーバーにもクセのようなものがありますし環境も異なります。

移設前、移設後の環境はどうなっているのか、ファイル拡張子はどうなっているかなど、サービスとして行っている以上”失敗が許されない”ため事前にしっかり確認します。

また、よくプラグイン等を利用した引っ越し・移設方法もよく紹介されていますが、100%保証されいるわけではなく上手くいかずにWP代行レンジャーに依頼されるケースも増えています

以上の点から、WP代行レンジャーでは引っ越し前と後のサーバーに関して事前調査を行い、どういった点を注意すべきか確認した上で作業を行っています。

作業内容

作業内容
  • 1.データバックアップ
  • 2.引っ越し先サーバーの環境構築
  • 3.データの移設
  • 4.ネームサーバー変更
  • 5.広告タグの変更
  • 6.最終チェック・納品

1.データバックアップ

移設前のサーバーから関連する全てのデータを取得します。

この際、方法によっては完全に取得できないことがあります。特にFTPなどを使用して取得するケースになると、途中で切断されてしまい完全にデータをダウンロードしきれていないことがあるので注意が必要がです。

取得し終えたら、漏れがないかチェックします。

2.引っ越し先サーバーの環境構築

引っ越し先サーバーは、今回Xserverになります。データの移設前にXserverの環境構築を行います。

移設前に環境構築を行う理由としては、環境を整えてからでないと移設しても正常に表示されないなどのエラーが生じるためです。また、はじめにも説明したように、レンタルサーバー独特のクセがあるので、そのクセに合わせて作業を進めていきます。

3.データの移設

環境構築を終えたら、次にバックアップで取得したデータの引っ越しです。

バックアップの時と同じく、完全にすべてのデータを漏れなくアップする必要があり、一つひとつ移設できているかどうかを確認しながら作業を行います。

特にファイルによっては中々正常にアップできないこともあるため、アップし終えた後は入念なチェックが必要です。

4.ネームサーバー変更

テスト環境で無事移設が出来ていることを確認したらネームサーバーの変更です。

ドメイン会社の操作方法にのっとって作業を行います。ネームサーバーが完全に切り替わるのに大体24時間ほどかかります。

5.広告タグの変更

広告タグを変更するタイミングには移設の前・後・途中といくつかあります。今回は、ご依頼主様のほうで行うということでしたが、WP代行レンジャーでも別途オプションにはなりますが変更は可能です。

6.最終チェック・納品

すべての工程を終えたら最終チェックです。

正常に表示されているか・リンク切れを起こしていないか・画像は表示されているかなど必要なチェックを行い、問題がなければ納品です。以上で作業は完全に終了となります。

作業日数・費用に関して

今回の作業日数は1日でした。ご依頼主様とのやり取り、お支払い手続きまでの流れがスムーズに進んだことで最短での納品となりました。

価格表

  • 引っ越し・移設:25,000円

引っ越し依頼のみでオプションなどはありませんでしたので通常プランの価格です。

まとめ

ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポートまとめ

いかがでしたか?

WordPressの引っ越し・移設はサイト規模が小さい場合はリスクもあまりないかと思います。しかし、100ページを超えるようなサイトであれば画像等もそれなりに利用していることからプラグインでは完璧に移設できる可能性も高くはありません

サイト規模と経験によってはプロに依頼することを検討されてみはいかがでしょうか。

WP代行レンジャーでは、サーバーの移設に加え広告タグの変更、ネームサーバーの変更など幅広く対応可能です。まだサーバーを契約されていない状況からでもお引き受けします。

WordPressの引っ越し、移設を検討されているか方は、是非WP代行レンジャーにお任せください!

WordPressの引っ越し・移設 / 高速化 / 改修・改善のご相談はコチラをクリック

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

ConohaからXserverへ、アフィサイト引っ越しレポート

Conohaサーバー内の引っ越し(ドメイン変更)のご依頼をいただきました!

▲TOPにもどる