1. HOME
  2.  > 
  3. ブログTOP > 
  4. 高速化 > スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート
カテゴリ:高速化

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

高速化のご相談

高速化のご相談

WordPressテーマ「STORK」、高速化のご依頼をいただきました。ご依頼当初、Page Speed Insightsのスコアは19でしたが高速化サービスをご利用後90を達成しました。

ブロガー専用テーマ「STORK」をどのようにして高速化したのか、体感的なスピードアップも実現できたのかを作業内容も含め詳しくご説明します。

ご依頼内容

「現在、別の業者の方に定期的にコンサルいただいているのですが、その方が高速化に対してはあまり得意ではないため相談いたしました。高速化を図るために、

  • ・EWWW Image Optimizerなどのプラグインを導入
  • ・AWSから画像読み込み

など行っておりますが、未だに改善されません。 確実にうまくいくということは無いと思いますが、何かしら対策はしていきたいので今回連絡いたしました。

弊社のサイトを見ていただき、改善などできそうな余地があれば申込みをさせてください。(もちろん、確実にうまくいくとは限らないことは承知しております。) 何卒、よろしくお願いいたします。」

事前調査の結果

事前にスコアとサイトの構造、プラグインの導入状況について調査を行いました。

Page speed Insitghs

ご依頼主さまから事前に情報をいただいていた通り、Page Speed Insightsで計測したところモバイルスコアは19でした

Page Speed Insightsスコア19

しかし、体感的なスピードに関しては多少重く感じる程度で、そこまでストレスもなく3秒以内に表示はされていました。ちなみに、スコアと表示速度の相関関係はある程度ありますが、必ずしも比例するわけではありません

サイト構造

内部構造を確認したところ、問題となるようなコーディングは特に見当たりませんでした。

最近は、昔と異なりコーディングもきれいなテーマが増えていることや、日本人の方が作られているものを利用されるケースも増えてきているので高速化も行いやすくなっています。

プラグインの導入状況

外部コンサルの方が入っているとのことでしたが、SEOを専門としているだけなのか更新されていないもの、不用なもの、無効化されたもののが非常に多かったです。

セキュリティの観点から、更新・不用プラグインの削除は必須であり高速化にも影響します。また、WordPressとPHPのバージョンも高速化と関係しているため定期的な更新が必要になります。

改善する上での注意

改善する上での注意

高速化に限らず引っ越し作業、その他、改修・改善・保守、すべてのご依頼に対して状況に合わせて注意すべきことがあります。WP代行レンジャーの高速化は以下の点に注意して作業を行います。

  • 対応前のスコア提示とバグの確認
  • プラグインを最小限に
  • サイトデザインへの影響がないように
  • 事前にもらう情報は最低限に
  • バグ・エラーがないか改善毎に実機で確認
  • スコアだけにこだわらない改善

対応前のスコア提示とバグの確認

高速化作業を行う前に、現在どれくらいのスコアなのかTOPページと記事ページの記録(キャプチャ)を取得し双方で確認を行います。確認する環境によってスコアが異なることもあるため事前に双方で確認しておくことで認識のズレを防ぎます。

事前にもらう情報は最低限に

WP代行レンジャーの高速化は、基本的にFTPやサーバー情報を必要としません。

必要になるのはWordPressのログインユーザーの追加のみです。その他、セキュリティ問題に繋がる可能性がある情報は基本的に開示してもらうことはありません。

サイト規模が大きい場合など、どうしても必要になる場合は事前に理由を説明し許可をいただいてから作業をはじめます。

バグ・エラーがないか改善毎に実機で確認

すべて作業が終わってから確認するのは非常に危険です。

バグやエラーが見つかった場合、どの時点でそのバグ・エラーが起きたのか把握しておかなければ基の状態に戻すことが難しくなります。

そのため、担当していただける方と連絡を密に取り合い、修正する度に確認。繰り返しこの流れで修正・改善を行いました。

スコアだけにこだわらない改善

WP代行レンジャーの高速化サービスは、スコアだけにこだわりません。

ご依頼にもありましたように、ファーストビューも改善として作業を行います。スコアだけの改善は高速化とは言えません。

どういった作業を行ったのか

作業の流れ

具体的な作業については守秘義務の関係上記載することができませんが、大まかにどのような作業を行ったのかご紹介します。

遅延ファイル対策

スコアに大きく関係してくるのは主に読み込んでいるファイル関連です。

容量が大きく、読み込みに時間のかかっているファイルを改善します。この場合、デザインや動作に関わるファイルが多いため注意が必要になります。※ご自身で行いズレが生じてしまうのは大体こういった施策が関係しています。

その他、外部からの読み込みファイルに対してデザインが変わらないよう手を加えることもあります。

キャッシュ

主にプラグインを利用される方多いかと思いますが、ご存知の通りプラグインを導入すると更新する必要が出てきます。また、PHP・WordPressのバージョンによっては更新した後にバグが出るなどもリスクもあります。

また、キャッシュ系プラグインは便利な点もありますが、更新が必要であることに加え種類によってはキャッシュそのものを自動的に削除できないため、なるべくプラグインに頼るのを避けるようお伝えしています。

WP代行レンジャーでは、そういった手間やリスクが生じないよう高速化作業を行います。

広告

アフィリエイト、アドセンスによる広告表示も改善します。

具体的な施策は冒頭でも説明したように記載することができませんが、広告も遅延の要因となっています。独自の対応で表示速度を改善させます。また、スコアへの改善にも繋げます。

結果、どれくらい改善されたか

Page Speed Insightsスコア

作業を始める前は、20未満のスコアが平均して90まで上昇しました。記事ページも80以上常時達成し、表示速度に関しても明らかな変化を感じていただくことができました。

高速化のご依頼の際に、これ以上のスコアを求められることもありますが、大前提は”サイトに悪影響を及ぼさないこと”です。スコアが改善できても、その後の運営に支障をきたすような無茶な改善を行わないのがWP代行レンジャーの高速化サービスです。

喜びの声

ご依頼主さまから喜びの声をいただきました!

早速の点数アップに非常にびっくりしております。さすがとしか、いいようがありません。。体感的にも高速化していますね。Googleアナリティクスでも表示速度が早くなっていました。

WordPressの高速化ならWP代行レンジャーにお任せください!

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

WP代行レンジャーの高速化は、PageSpeed Insightsのスコアだけにこだわらないのがサービスの特徴です!スコア改善は当たり前、ファーストビューに特化し、さらに不要なプラグインを整理。

そして詳細レポート提出。

同業他社、個人様よりも喜んでいただけるサービスを提供致します。

表示速度でお困りの方は是非ご相談ください!

WordPressの引っ越し・移設 / 高速化 / 改修・改善のご相談はコチラをクリック

もっとイイ記事を書いていきます!シェアお願いします!

著者プロフィール:Master
Master
WP代行レンジャーのリーダー。WordPressを愛し、WordPressを広めるための活動を積極的に行っています。お役立ち情報からセキュリティに関することまで幅広く発信していきます!

関連・おすすめ記事

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

スコア4から75以上達成、テーマ「ATLAS」高速化のご依頼!

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

テーマを変えたらスコアは落ちる?WordPress高速化Q&A

スコア90達成!テーマ「STORK」高速化のご依頼実績レポート

Page Speed Insightsスコア(点数)アップは高速化と違う?その意味と誤解について解説

▲TOPにもどる